初七日法要とは?葬儀と初七日法要の流れ

初七日法要の流れ

初七日法要とは、いったい何を準備すればいいのでしょうか?

葬儀を行なったあとに、死者をきちんと成仏させるための儀式が法要です。
故人が極楽に行けるように、そういった意味で葬儀とは別の日に行われます。

しかし、現在では葬儀の当日に一緒に行われることが多くなりました。

初七日法要とは何をする儀式なのでしょうか?葬儀の流れと合わせて解説します。

初七日法要にはどんな意味があるの?

初七日法要(しょなぬかほうよう)とは、人が亡くなってから7日目に行われる法要のことをいいます。

法要には初七日以外にも、二十七〜七十七日まであり、七十七日で「忌明け」となります(地域によって異なる)。

よく聞くのが「四十九日」です。
死者は向こうの世界で生前の罪状を告白する、と言われますが、これ終わるのが「四十九日」となります。

よって、四十九日はついに故人が成仏される日と言えるので大きな法要が行われることが多いのです。

さて、肝心の初七日法要にはどんな意味があるのでしょうか?

仏教では亡くなって7日ごとに供養を行います。
さきほどから説明しているとおり、死者が極楽へきちんと行けるようにするためです。

その最初の儀式が亡くなってから7日目なので「初七日法要」と言われます。

初七日法要では何をどんな流れで行うの?

繰り返しになりますが、初七日法要は亡くなった日から数えて7日目に行う法要のことをいいます。

1月1日に亡くなった場合、初七日法要は1月7日ということです。

ただし、数え方は関西と関東など地域によってちがうことがあるので注意しましょう。

いまは初七日法要を葬儀当日に行うのが主流です。
亡くなってから7日後に法要を行うのですが、最近は準備にかかる手間などを考えて葬儀当日に行うことが多くなりました。

また、別日にすると仕事などの都合で参列できない人が多くなってしまうのも理由の1つです。

さて、初七日法要はどんな流れで行えばいいのでしょうか?
葬儀の流れと合わせて確認しておきましょう。

  • ・葬儀
  • ・告別式
  • ・初七日法要
  • ・火葬
  • ・精進落とし

1つ注意したいのは火葬が先か、法要が先かということです。

地域や宗派によっては火葬を先に行なって初七日法要を同日に行う場合があります。
これを「繰上げ法要」といいますが、あらかじめ確認して決めてください。

わからないことは早めに葬儀社へ相談するようにしましょう。

初七日法要でやることは、宗教者(お坊さん)による読経、お焼香をあげる、参列者による会食が一般的です。

葬儀当日ではなく、別日に本来のやり方で初七日法要をやる場合には以下を参考にしてください。

初七日法要を本来の日程でやる場合

もし葬儀当日ではなく、別の日に初七日法要を行うのであれば他の準備が必要です。

  • ・法要を行う場所
  • ・精進落とし(料理)の準備
  • ・宗教者へのお布施

初七日法要を行う場所は?

初七日法要を行う場所は、自宅や葬儀ホールなどが一般的です。
自宅で行えないのであれば、葬儀のとき担当者に早めに相談して場所を確保しておきましょう。

葬儀が終わって、あらためて場所を決めるのは大変な作業かもしれません。
ですので、基本的には葬儀社のアドバイスにしたがって準備を行いましょう。

精進落とし(料理)の準備

精進落としとは、四十九日の忌明けに通常の食事に戻るときの料理のことをいいます。
つまり、死者が成仏されるまでは肉や魚などの料理は口にしない風習があったということです。

現在ではここまで厳格に精進落としをすることは少なくなっています。
いまは法要のときに僧侶や参列者に感謝を示すために振る舞う料理を精進落としと呼ぶことがほとんどです。

料亭や葬儀ホールなどに依頼をして料理を準備することになるので、早めに相談しておきましょう。
法要向けのコースがある料理店も多いので活用してみてもいいかもしれません。

宗教者へのお布施

宗教者とはいわゆる僧侶(お坊さん)のことです。
お布施は葬儀とは別に準備しましょう。

読経料、御膳料などを細かい項目に本来は分かれていますが、すべてを含めてお布施として渡します。
金額は5万円前後が相場と言われますが、経済状況やお寺との関係性によって増減します。

車代は、お寺から会場への交通費ですがキリの良い金額(5000円〜1万円)を包むのが一般的です。

いずれも白い無地の封筒に「お布施」と記入し、会食後のタイミングにわたしましょう。

初七日法要の準備は早めに葬儀社に相談しよう

初七日法要を行うのであれば、葬儀当日あるいは別の日であっても準備が必要です。

説明したとおり、会場の手配や精進料理の準備などがあるので早めの計画が欠かせません。

基本的には葬儀社がプランを立ててくれますので、たよりになる葬儀社を見つけることが何よりも大切です。

葬儀社選びはインターネットからも簡単に行えますので、活用してみることをオススメします。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日対応の葬儀レビは、全国の葬儀社をカンタンに比べることができます。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

葬儀費用が安くて、信頼できる葬儀社をスグに見つけるなら葬儀社を比較するのがオススメ。わからないことをスグに解決できるのは、葬儀レビの大きなメリットです。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。