お葬式の日程を決める前に知っておきたい5つのポイント

葬式の日程の決め方

お葬式の日程の決め方を知っていないと、スムーズに故人を弔うことができません。

日程を上手く決めることができれば、費用も安く済みますし、遺族の負担も軽くなります。

ここではお葬式の日程を決めるときに知っておきたい5つのポイントをご紹介。
しっかりと葬式日程の決め方をチェックしてくださいね。

葬式の日程を決める5つのポイント

葬式の日程は、漠然と決めればいいものではありません。
どのような葬儀を行うか、どれくらい参列者が来るのか、こうした条件によって変わってくるのです。

日程を決める上で欠かさずにチェックしておくべきポイントは以下の5つです。

  • 1. 葬儀場の空き状況
  • 2. 葬儀の形式ごとの日数
  • 3. 菩提寺(住職)の空き状況
  • 4. 火葬場の空き状況
  • 5. 親族の予定

1. 葬儀場の空き状況

葬儀場は全国にたくさんありますが、できるだけ近い場所・最寄りの葬儀場を選びたいところ。
故人によっては、最寄りではない特定の場所を葬儀場に選んだほうが良い可能性もあります。

その場合には、早めに葬儀場の空き状況を確認しましょう。
葬儀場をおさえることができないと、段取りが進みません。

2. 葬儀の形式ごとにかかる日数

葬儀の形式とは、直葬(火葬のみ)、一日葬、通夜・告別式の一般葬などさまざまな種類があります。

形式によって、要する日数が変わってきます。
そのため、どのような形式で葬式を行うかによって日程の決め方も異なるので注意が必要です。

3. 菩提寺(住職)の空き状況

菩提寺(先祖のお墓があるお寺)がある場合には、葬儀に来てもらうことになります。
お経をあげたり、戒名をつけてもらったりするので、お坊さんの予定が空いているかを確認しておく必要があります。

とくに、多くの檀家があるお寺では予定が埋まっている可能性もあります。
日程を決めるうえでお坊さんの予定はハズスことができません(無宗教葬の場合を除く)。

日頃から付き合いのある菩提寺がない場合には、葬儀社に相談をしてお寺のお坊さんを紹介してもらいましょう。

4. 火葬場の空き状況

葬儀を終えると、火葬を行うことになります。
火葬場によっては、休業とする日が決まっていることもあるので早めに確認しておきましょう。

とくに友引の日は縁起が悪いとの理由で休業している火葬場が見られます。

火葬場の手配についても、葬儀社に相談してみるとスムーズに進めることができるでしょう。

5. 親族の予定

親族が近いところに住んでいれば、そこまで問題はありません。
しかし、遠方に住んでいる場合には親族の出席を考慮したほうがいい可能性もあります。

無理して出席をお願いするのは良くありませんので、親族の予定を確認しながら日程は決めたいところです。

また、無宗教葬などの場合には親族から反対の声があがる可能性があります。
あらかじめ葬式の形式を決めて、親族に連絡しておくのがベストです。

葬式の形式によって変わる必要日数

葬儀の形式によって日程は決まる
葬儀の日程を決めるときの中心になるのが、どのような形式で葬儀を行うかです。

葬儀の形式によって必要な日数は以下のように分かれています。

直葬(火葬)であれば、最低2日

通夜や告別式を行わない、いわゆる直葬(火葬のみ)のスタイルであれば少なくとも2日間は必要になります。

死亡した日を1日目、その翌日である火葬日を2日目とカウントします。

日本の法律で、死後24時間は火葬することができません(感染症による死亡は除く)。

そのため、逝去した翌日に火葬を行うことになるのです。

通夜・告別式であれば、最低3日

亡くなった日を1日目、お通夜を2日目、告別式・火葬を3日目とします。

密葬のあとの本葬は1ヶ月程度

多くの人は、お通夜・告別式といった形式をとります。
しかし、なかにはごく限られた人だけで密葬を行い、後日本葬を行う場合があります。

この場合には通夜・告別式を通常どおり執り行います。
そのあとに本葬を行うので、2週間〜1ヶ月程度は日数の見込みを立てておきましょう。

本葬の場合には、荼毘に付した状態で行われることがほとんどです。

もし日程が延びてしまったらどうすればいい?

亡くなってから、遺体の安置〜お通夜〜告別式〜火葬といった具合にスムーズに進めば問題ありません。

しかし、なかには予定が上手く決められず日程が延びてしまう可能性があるでしょう。

そのときに真っ先に考えたいのが「遺体の状態」です。
人は亡くなって時間が経つと腐敗が進みます。そのためしっかりと安置したうえで処置を施す必要があります。

腐敗を防ぐ方法は、大きく2つに分けることができます。

  • ・ドライアイス
  • ・エンバーミング

ドライアイスにかかる費用

ドライアイスは遺体の腐敗を防ぐために使われる一般的な道具です。
費用は1日あたり1万円が相場です。

ただし、ドライアイスは仕入れコストが「ほぼ0円」なので注意しましょう。
ドライアイスで数万円の費用を請求する葬儀社もなかには存在します。

自宅ではなく斎場の安置所を借りる場合には、さらに施設料として1万円〜/1日が必要になります。

エンバーミング

ドライアイスではなく、エンバーミングを使って腐敗を防ぐ方法があります。

エンバーミングとは、ホルマリンなどを体内に注入し腐敗を防ぐもの。
アメリカでは一般的で、遺体をキレイに長期保存することができます。

もし1週間以上の日程延期が考えられるのであれば、エンバーミングを検討しましょう。
費用は10万円〜となっています。

葬式が年末年始になりそうなときは?

亡くなった日によっては、葬式が年末年始に重ねってしまう可能性もあります。
その場合にはどうやって日程を決めればいいのでしょうか?

結論からいうと、大晦日と三が日は葬式を避けるべきです。
また、火葬場が1月1日〜3日は営業をしていないことがほとんどです。

日程が延びてしまいますが、故人と長く一緒にいられる機会と気持ちを切り替えましょう。

葬式の日程をスムーズに決める方法とは?

ここまで、葬式の日程を決めるために必要な項目を紹介しました。

非常に多く、ボリュームがあるので遺族としては負担が大きいのではないでしょうか?

さきほど説明したように、葬儀の日程を考えるときには葬儀社を頼りにしましょう。
実績のあるプロの葬儀社に相談をすれば、段取りや手配などほとんどを請け負ってくれます。

遺族である私たちは、故人に寄り添うことに優先できます。

頼りになる葬儀社を見つけるには、無料の一括比較を使うと非常に便利です。
安く、なおかつ実績のある葬儀社がカンタンに見つかります。

葬儀の日程を決めるうえで、きっと頼りになりますよ。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日対応の葬儀レビは、全国の葬儀社をカンタンに比べることができます。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

葬儀費用が安くて、信頼できる葬儀社をスグに見つけるなら葬儀社を比較するのがオススメ。わからないことをスグに解決できるのは、葬儀レビの大きなメリットです。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。