家族葬の場合は香典をどうすればいい?

家族や親族、ごく親しい人だけで行われるのが家族葬です。

ほかの葬儀とはちがって参列者を基本的に断ることが多くなります。
弔問や香典についても辞退することが多いので、家族葬を行うときには事前に準備が必要です。

家族葬はどんな場合に行われる?

家族葬のことを密葬ということもありますが、厳密には意味が少しちがいます。

家族葬は、名前のとおり「家族や親族だけで行う葬儀」のことです。
密葬はほとんど同じですが、密葬と本葬がセットになることがほとんど。
つまり、身内で密葬を行なったあとに本葬があるのが通常です。

家族葬は参列者を呼ばない、あるいは呼べない人が行う葬儀です。
高齢になって知り合いがまわりにいないなどの理由で、家族葬が行われるケースもあります。

家族葬はどの範囲まで知らせる?

一般葬は故人と交友があった人に幅広く連絡を入れます。
しかし、家族葬の場合には下手に連絡を入れてしまうと弔問客が増えてしまい、予期せぬ負担になることがあります。

ですから家族葬の場合には、訃報と葬儀の連絡は慎重に行って下さい。

家族葬に参列するのは以下の範囲が基本となります。

  • ・故人の同居の家族
  • ・故人の両親
  • ・故人の子ども
  • ・故人の兄弟姉妹

また、親族以外の人に対しては訃報を知らせるとともに「故人の遺志で葬儀は近親者のみで行う」ということを通知してください。

さらに、香典や供花などは辞退することになるので、その旨も通知に加えるようにしましょう。
香典や供花は心遣いとしては嬉しい限りですが、香典返しなど葬儀後の負担がかかることになります。

それでも香典を渡したいという人には、個別に対応を取るようにしましょう。

家族葬の場合、香典はどうする?

家族葬を行うときでも、参列者に来てもらうことはあります。
それは故人や家族がどの範囲まで訃報を知らせるかによっても変わってくるでしょう。

葬儀の連絡を受けた人は、家族葬であっても香典は持参します。

しかし、遺族の希望で香典を辞退したい(香典は不要)場合があるので、そのときは無理にわたすことはありません。
香典は参列者の気持ちを示すものではありますが、香典返しを準備するので遺族の負担になることがあるからです。

家族葬の香典はいくら包むべき?

香典に包む金額は、故人と自分との間柄によって決まります。
地域や関係性によっても金額は変わってくるので一概には言えませんが、相場は以下のようになっています。

家族葬の香典の相場

出典:www.best-manner.com

年齢や、故人との関係性によって金額は変わります。
自分と親しい人になればなるほど、香典の金額は上がるのが普通です。

「家族なのに香典をわたさないといけないの?」という人が多いですが、家族葬の基本になるので知っておきましょう。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日対応の葬儀レビは、全国の葬儀社をカンタンに比べることができます。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

葬儀費用が安くて、信頼できる葬儀社をスグに見つけるなら葬儀社を比較するのがオススメ。わからないことをスグに解決できるのは、葬儀レビの大きなメリットです。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。