葬儀をとにかく安くしたい!5つの方法とは?

葬儀費用を安く済ませるには

葬儀は費用がわかりにくく、遺族としては「いくら必要なのか?」が見えにくいものです。

ですから、葬儀を安く済ませたい人にとっては一般的な葬儀社ではむずかしいといえるでしょう。

どうすれば葬儀を安くすることができるのでしょうか?
今回は葬儀を安く済ませる5つの方法をご紹介します。

葬儀の大まかな費用をチェックしよう

葬儀にはいくつかの段階がありますが、まずは葬儀の大まかな費用を知っておきましょう。

  • 1. 葬儀の基本料金(祭壇、霊柩車、仏具など)
  • 2. 式場使用料
  • 3. 香典返し
  • 4. お布施
  • 5. 火葬料金

1. 葬儀の基本料金(祭壇、霊柩車、仏具など)

葬儀の基本料金は、葬儀を行ううえで最低限必要なものにかかる費用です。
ただし、この基本料金には祭壇・死化粧・骨壷・棺桶・式の司会進行などを広く含まれています。

ですから、安く済ませるには葬儀の基本料金を大きくカットする必要があります。
密葬や家族葬にすれば、費用を安くすることが可能です。

2. 式場使用料

一般葬などを行う場合には、参列者の数にもよりますが大きい式場を借りる必要があります。

これも家族葬や密葬、あるいは参列者を少なくする一般葬であれば安く済ませることができます。

式場使用料は、葬儀社によって価格が異なりますので、見積もりを比較して安い式場を利用しましょう。

3. 香典返し

香典返しは、参列してくれた人に対してお礼の意味を込めて送るものです。

これも参列者のない、あるいは少ない家族葬や一般葬であればなしにすることができます。

4. お布施・戒名料

無宗教葬では不要になりますが、お経や戒名を付けてもらう場合にはお坊さんへの費用が発生します。

相場はお寺によっても異なりますが、最低でも10〜30万円はかかることになります。
徹底的に安くしたい場合には、お坊さんを呼ばずに葬儀を行うことで費用を安くできます。

5. 火葬料金

火葬料金は、地域によって価格が異なります。

公営火葬場民間火葬場の2つから選ぶことになりますが、公営の火葬場を多くありません。
そのため、多くの人が民間の火葬がを利用します。

公営火葬場の相場は0〜20,000円
民間火葬場の相場は60,000円前後となっています。

火葬料金は安くすることがむずかしいので、葬儀費用を安くするには他の項目を安くするようにしましょう。

葬儀を安くするには?

葬儀は、費用の内訳がわかりにくいので安くするのがむずかしいと言われています。

ですから、できるだけ安い費用で葬儀をするには内訳がしっかり分かれている葬儀社を選びましょう。

一般的な葬儀社は費用が不透明ですし、なにより安くしようとしても簡単には安くできません。
なぜなら「故人のためには少しでも良い物を…」といって、高いプランを勧めてくるからです。

葬儀費用を安くするには、複数の葬儀社を一括見積りでくらべることが重要です。

自分に必要最低限のプランをえらぶことができますし、追加費用の発生もありません。

無料利用できる一括見積りで、まずは葬儀費用をチェックしてみましょう

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム

24時間365日対応の葬儀レビは、全国の葬儀社をカンタンに比べることができます。

葬儀費用が安くて、信頼できる葬儀社をスグに見つけるなら葬儀社を比較するのがオススメ。わからないことをスグに解決できるのは、葬儀レビの大きなメリットです。

ご利用・見積もりは無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。