香典辞退のマナーと正しい断り方

香典を辞退するときのマナー

葬儀に参列するときには香典をわたすのが一般的です。
しかし、故人や遺族の希望で香典を辞退する(不要)ケースが増えています。

もし葬儀を行うときに香典を辞退したい場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

香典にはどんな意味があるの?

香典には参列者の気持ちのほかにも、「お互いを助けあう」という意味があります。

昔は葬儀費用を香典によってまかなっていたので、その風習が現在まで続いているのです。

しかし、最近では香典返しにかかる負担を考えて遺族が香典の受け取りを辞退することが増えています。

注意したいのは、香典はいまでも一般的だということです。
地域によって(とくに関西圏)では香典を辞退することが多く見られます。

しかし、香典を辞退してしまうことで「コチラの気持ちを無駄にするなんて」と思う人がいるのは事実です。

そのため、香典を辞退するときには相手の気持ちに感謝をしながら断りを入れることが必要となります。

香典を辞退するときの方法とは?

香典返しの負担を減らしたいという思いから、香典を辞退する人は増えています。

とはいえ、香典を辞退するときにはしっかりとした準備が必要です。
ここでは、香典辞退のマナーについて紹介します。

香典を受け取らない旨を知らせるには以下の2つの方法をとってください。

  • ・案内状に「香典辞退」の旨を記載する
  • ・葬儀場の受付などに看板などを設置する

案内状に「香典辞退」の旨を記載する

葬儀を行うときには案内状を作成して、参列者にお知らせを送るのが一般的です。
もし香典を辞退するのであれば、その案内状のなかにその旨を記載しておきましょう。

一例:「故人の遺志により、御香典・御供花はご辞退申し上げます

こうした文を入れておかないと、参列者は香典を用意して持参してしまいます。
葬儀会場で戸惑う人も出てくるので、必ず入れるようにしましょう。

葬儀場の受付などに看板などを設置する

葬儀に参列する人すべてに案内状を送ることはできませんし、そもそも案内状を作成しないこともあります。

その場合には参列した人に葬儀会場で香典辞退を知らせないといけません。

香典は葬儀場の記帳台でわたすことがほとんですから、受付に「故人の遺志により香典は辞退させていただきます」という看板を設置しましょう。

葬儀社には事前に打ち合わせで伝えておく必要があるので、早めに相談しておいてください。

親族からは香典を受け取るようにしましょう

香典辞退はあくまでも一般参列者に向けての話です。
もし親族が香典を持参した場合には、受け取るのが一般的です。

ただし、自分が葬儀に携わっているのであれば香典は不要です。
これは兄弟姉妹も同じなので、気をつけましょう。

親族の香典は、一般参列者よりも多くなるので相場を確認しておきましょう。

家族葬の香典の相場

出典:www.best-manner.com

会社の人からの香典を辞退するときのマナーとは?

故人の葬儀に仕事関係の人が参列することも少なくありません。

職場に訃報が入ると、多くは直属の上司・代表者などが参列することになるでしょう。

会社関係者の香典を辞退するときも、通常の参列者と同じです。

香典を辞退しても渡された場合には?

香典の辞退をしても、なかには「どうしても渡したい」という人がいるかもしれません。

その場合にもまずは丁重にお断りしてください。
なおも渡そうとしてくるときは、受け取るようにしてください。

その場合には個別の香典返しを用意することになります。
「香典の半返し」と言われますが、もらった金額の半額分の商品券などを香典返しとして送りましょう。

香典辞退は事前の準備が大切

香典の辞退は故人や遺族の希望によっておこなわれます。
そのため、まだまだ香典をわたすのが一般的な以上は参列者が戸惑ってしまいます。

ですから、香典を辞退するときには案内状、看板、口頭などによって事前に伝えておきましょう。

香典は参列者の気持ちを表すものですので、丁寧な対応が必要です。

わからないことがあれば、早めに葬儀社に相談しておきましょう。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム

24時間365日対応の葬儀レビは、全国の葬儀社をカンタンに比べることができます。

葬儀費用が安くて、信頼できる葬儀社をスグに見つけるなら葬儀社を比較するのがオススメ。わからないことをスグに解決できるのは、葬儀レビの大きなメリットです。

ご利用・見積もりは無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。