キリスト教式の葬式と葬儀社の選び方

キリスト教式葬式の葬儀社選び

葬儀を行うときには、多くの場合がなんらかの宗派に沿って行われます。
日本ではほとんどが仏教に沿った仏式の葬儀が多いですが、なかにはキリスト教式の葬儀を行うこともあるでしょう。

もしキリスト教式の葬式を行いたい場合、どのような葬儀社を選べばいいのでしょうか?

キリスト教の葬儀は仏式となにがちがうの?

キリスト教は死を迎えることを大切にします。
ですから危篤の段階で、神父などの聖職者を呼び祈ってもらいながら死を迎えます。

キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあります。
厳格なのがカトリック、比較的柔軟なのがプロテスタントです。

もしキリスト教徒でない人がキリスト式の葬式を行いたい場合、プロテスタントの教会に相談しましょう。

プロテスタントの葬儀の流れ

ここではキリスト教のプロテスタントの葬儀の流れを見ていきます。
葬儀に必要な準備や、葬儀社を検討する上で大切になりますのでしっかりチェックしておきましょう。

  • 1. 聖餐式(危篤時のお祈り)
  • 2. 逝去後、遺体の搬送
  • 3. 納棺式(逝去した当日に行う)
  • 4. 前夜祭(いわゆる通夜)
  • 5. 出棺式
  • 6. 告別式(入堂、聖書、賛美歌、祈祷、献花)
  • 7. 火葬前式
  • 8. 召天記念式

以上がプロテスタントの葬儀の流れです。

前夜祭から召天記念式までの流れについては、葬儀社が行なってくれるので遺族は故人のお祈りに集中できます。
もちろん依頼する葬儀社によっても対応が変わってくるので、葬儀社選びはじっくり行う必要があるでしょう。

どのようにキリスト教式の葬儀社を見つければいい?

キリスト教式の葬儀を行なってくれる葬儀社は全国的にも少なくありません。
また、仏式が基本となる日本のお葬式において、キリスト式の葬儀に精通している葬儀社が多くはないのが実情です。

ですから、もしキリスト教式の葬儀をあげるのであれば、しっかりとしたリサーチが必要です。
インターネットを使った葬儀社の比較が基本で、葬儀費用の相談もできるので便利でしょう。

キリスト教式の葬儀であれば、まずは一括見積りで費用を出してもらいましょう。

葬儀内容については、打ち合わせする時間をなるべく多めにとって、故人・遺族が満足できる葬儀にしたいですね。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム

24時間365日対応の葬儀レビは、全国の葬儀社をカンタンに比べることができます。

葬儀費用が安くて、信頼できる葬儀社をスグに見つけるなら葬儀社を比較するのがオススメ。わからないことをスグに解決できるのは、葬儀レビの大きなメリットです。

ご利用・見積もりは無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。