意外と知らない!直葬と家族葬のちがいとは?

直葬と家族葬の違い

葬儀の形式にはさまざまなちがいがあります。

そのなかでも、今回は直葬と家族葬のちがいについてピックアップ。
みなさんはちがいをどれくらい理解していますか?

直葬と家族葬のちがいはどこにある?

結論からいうと、直葬は葬儀なし、家族葬は家族だけで葬儀を行うことをいいます。

直葬ってなに?

直葬は、葬式を行うことなく故人をそのまま火葬することをいい、火葬式と呼ばれることもあります。
葬儀場を借りてお通夜を行なったり、告別式をすることもありません。

直葬を行う理由としては、

  • ・故人の遺志
  • ・遺族が負担できない
  • ・故人に身寄りがない

といったケースが挙げられます。

亡くなった人によっては「わざわざ葬儀を行いたくない」「葬儀を行わないで、火葬だけでいい」という遺志を持つ場合もあります。

あるいは、経済的・心理的に葬式を行うことがむずかしい場合にも直葬が選ばれるといえるでしょう。

最近は、高齢化が進んでおり身寄りのない世帯も増えています。
亡くなっても葬儀を行える親族がいない場合には、そのまま直葬となります。

直葬とはいえ、自分で手続を行うのではなく葬儀社に依頼するのが一般的です。

遺体の安置や搬送を葬儀社に依頼すると、遺族の負担はかなり軽減されます。
費用についてはあとでくわしく紹介します。

家族葬ってなに?

家族葬とは、葬式を家族だけで行うことをいいます。

ふつうの葬式(いわゆる一般葬)であれば、故人の親族や親しかった人、仕事関係者まで広く参列してもらうものです。

しかし、家族葬はまさに「家族のみ」で葬式を行うので参列者は呼びません。

香典などを受け取ることはありますが、葬儀自体に人を呼ぶことはありません。

家族葬を行う理由は、故人の遺志・遺族の希望などさまざまです。

家族葬のことを「密葬」という場合もあり、密葬という言葉には「後日、本葬を行う」という意味が含まれることがあります。

つまり、家族のみで密葬を行なって、後日に故人を偲ぶ会を開催するということになるのです。

家族葬を行う場合には、親族や仕事関係者などの理解が得られない場合もあります。
そのときには、故人と家族の希望であることをなるべく早く伝え、理解を得るようにしましょう。

直葬と家族葬の費用はどれくらい?

直葬と家族葬のちがいを、ひとことでわかりやすく言うと「通夜・告別式を行わないのが直葬、家族だけ葬式で行うのが家族葬」ということになります。

では、直葬と家族葬はそれぞれどれくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。

直葬の費用はどれくらい?

直葬は住んでいる地域によって費用がことなります。
費用のちがいは「火葬場の使用料」によるところが大きくなります。

葬儀社に依頼すると、安いプランで10万円〜30万円が相場となっています。

直葬とはいえ、10万円〜数十万円の費用が発生するので事前に葬儀社に相談しておきましょう。

家族葬の費用はどれくらい?

続いて、家族葬の費用の相場について見ていきましょう。

家族葬は直葬とはちがい、通夜・告別式を行うので費用は少し高くなります。

葬儀内容にもよりますが、30〜50万円が相場といったところです。

家族葬を行う場合には、葬儀社との打ち合わせを行いますので故人と遺族が納得できる葬儀を決めましょう。

直葬と家族葬のちがい【まとめ】

それでは、あらためて直葬と家族葬のちがいについてチェックしておきましょう。

  • ・直葬は通夜、告別式がない
  • ・家族葬は身内のみの葬式
  • ・直葬の費用は10万円〜30万円
  • ・家族葬の費用は30〜50万円

直葬・家族葬いずれの場合でも、葬儀社に依頼をするのが一般的です。

費用については、葬儀社によっても異なります。

1社ではなく、複数社から見積もりをとってみることをオススメいたします。
一括見積りを活用すると、納得のいく葬儀社が見つかります。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日対応の葬儀レビは、全国の葬儀社をカンタンに比べることができます。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

葬儀費用が安くて、信頼できる葬儀社をスグに見つけるなら葬儀社を比較するのがオススメ。わからないことをスグに解決できるのは、葬儀レビの大きなメリットです。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。