会葬御礼品と香典返しのちがいとは?品物の選び方は?

会葬御礼品と香典返し

葬式に参列したあと、御礼の品として参列者にわたすのが会葬御礼品です。

よく耳にする「香典返し」と会葬御礼品との違いはなんでしょうか?

会葬御礼品に選ぶ品物と、香典返しのちがいについて解説します。

会葬御礼品と香典返しのちがいとは?

会葬御礼品とは、通夜・葬式に参列してくれた人に感謝の気持ちを込めて渡す品物のことをいいます。
あくまでも参列してくれた人全員に感謝を示すものです。

会葬御礼品は、会葬礼状(葬儀に参列してくれた御礼を述べたメッセージ)と一緒に渡します。

一方の香典返しは、その名のとおり参列者が持参した「香典に対するお返し」をするもの。
香典の金額に応じて、御礼の品物を渡すことをいいます。

2つのちがいを理解しておかないと、どちらか1つしか準備していなかった、ということになりかねません。

基本的には葬儀社が用意してくれますが、故人の家族としてしっかり理解しておきたいところです。

会葬御礼品の品物はなにを選ぶ?

会葬御礼品は、葬儀参列者に等しく同じものを渡します。
会葬御礼品の相場は500〜1000円と言われています。

品物としてはコンパクトで持ち帰りに困らないものを選ぶのが一般的です。
ハンカチ、お茶、お酒、コーヒーなどが会葬御礼品として多く選ばれています。

葬儀社に会葬御礼品を頼むときは予算に注意しよう

さきほど説明したように、会葬御礼品は葬儀社に頼んで用意してもらうのが一般的です。
葬儀社に頼んでしまえば家族の負担は軽減します。

しかし、葬儀社に頼りっぱなしにすると思わぬ高額費用が発生する可能性も否定できません。
あまり考えたくありませんが、葬儀もあくまでビジネスです。
少しでも高い会葬御礼品で利益をあげようとする業者もいます。

ですから、会葬御礼品を選ぶときには予算をしっかり伝えておくようにしましょう。

会葬御礼品の渡し方はどのようにすればいい?

会葬御礼品はカウンターを設置して、葬儀場のスタッフの人に依頼することになります。

会葬御礼品をわたすタイミングは、参列者がお焼香をした後です。
香典のあるなしに関係なく、参列した人すべてに渡すのが一般的。

ただし、最近は引換券を事前に渡しておき、希望者のみ受け取るようにするという仕組みを採用することもあります。

その場合には、実際に渡した会葬御礼品の数だけ費用がかかることになります。
これも事前に葬儀社に伝えておくことで、ムダな費用が発生することを防ぐことが可能です。

あらかじめ多めに会葬御礼品を用意しておき、使用しなかった分は返品をすることになります。

香典返しとは?

香典返しとは、参列者の香典の金額に合わせて御礼の品を渡すことをいいます。

本来であれば、葬儀が終わったの四十九日法要のタイミングの品物を渡すものでした。
しかし、香典返しを後日にすると、香典帳を確認して香典の金額に応じて品物を発送しなければいけません。
これは遺族にとってかなりの負担となります。

ですから、最近は葬儀と同じタイミングで香典返しをする「当日返し」が一般的となっています。

香典返しにはどんな品物を選ぶ?

香典返しは、さきほど説明したように「金額に応じた品物」をわたすのが本来の意味でした。

しかし、当日返しが一般的になったことで、参列者にわたす品物はすべて同じものにします。
香典返しの相場は2,000〜5,000円です。

香典返しの品物としては、お茶、コーヒー、お菓子の詰め合わせなどを選ぶのが一般的。
予算に応じて、葬儀社と相談して決めることになります。

会葬御礼品と同じように、香典返しを渡すのも葬儀社のスタッフにお願いします。

1万円以上の香典には後日返しをしましょう

香典返しは「当日返し」するのが一般的になりましたが、1万円以上の香典をくれた弔問客には後日別に香典返しをします。

相場はもらった香典金額の50%ほどの品物を送ります。

会葬御礼品と香典返しは葬儀社に手配してもらいましょう

ここであらためて、会葬御礼品と香典返しのちがいをまとめておきましょう。

  • ・会葬御礼品は参列者全員に品物をわたす
  • ・会葬御礼品の相場は500〜1000円
  • ・香典返しは香典をくれた弔問客に品物をわたす
  • ・香典金額に関係なく、弔問客すべてに2000円〜5000円の品物を
  • ・1万円以上の香典には、後日返しを行う

このように、会葬御礼品と香典返しにはさまざまな決まりがあります。
すべてを家族や関係者だけで決めるのは限界がありますし、葬儀当日はスタッフの人に依頼することになります。

もし葬儀を行うことが決まっているのであれば、早い段階で葬儀社に相談することをオススメします。
予算や葬儀全体の流れなど相談して、悔いのない葬式を行いたいですね。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム

24時間365日対応の葬儀レビは、全国の葬儀社をカンタンに比べることができます。

葬儀費用が安くて、信頼できる葬儀社をスグに見つけるなら葬儀社を比較するのがオススメ。わからないことをスグに解決できるのは、葬儀レビの大きなメリットです。

ご利用・見積もりは無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。