なぜ?家族葬が増えている本当の理由とは

家族葬が増えている

いま、家族葬で葬儀をあげる人が増えています。
昔は亡くなった人の親族はもちろん、友人や会社関係、果てはそこまで親しくない人でも葬儀に参列するのが一般的でした。

しかし、時代の変化とともに葬儀のスタイルは変化しています。
なぜ家族葬が増えてきているのでしょうか?

家族葬は費用の負担が軽くなる

葬儀はお金がかかります。
式場使用料、棺桶、祭壇、供花、戒名料などが発生するため普段では考えられない高額な費用を用意しなければいけません。

葬儀費用の全国平均は約200万円
しかし、この平均額は年々減少しています。

その理由は、葬儀に費用をかけるスタイルが少しずつ変化してきているからです。
故人のことを考えると、より多くの参列者を呼んだほうが良いと考えられてきました。

それが少しずつ「故人の親しい人だけで葬儀をしたい」という考え方に変化してきたのです。

家族葬は費用負担が軽いことでも知られています。
葬儀社や葬儀プランもよりますが、おおむね30〜50万円の費用で済むのが特徴。

家族葬のメリットは、なによりも費用負担が軽いことにあるでしょう。

親しい人だけで故人を偲ぶのが家族葬

もちろん、費用負担の軽さだけで家族葬が増えているわけではありません。
それ以外にも、「親しい身内だけで故人を偲ぶことができる」というのも大きな理由です。

冠婚葬祭すべてに当てはまることですが、これまでは付き合いでの参加というのが避けられませんでした。

そのため、遺族は参列者が故人とどのような関係にあった人なのかを判別するのがむずかしくなります。
葬儀会場で顔を合わせても、どのように対処すればいいのかわかりません。

これまでの葬儀は参列者・遺族ともに気を使わなければいけないものだったのです。

それが家族葬の登場により一変します。

故人と親しい人だけが参列する家族葬は、基本的に身内や親族のみが故人を偲びます。
親族というのは故人から3親等以内と言われています。

ですから「本当に故人と親しかった人だけ」で葬儀を行うことが可能です。

最期くらい、故人とゆっくり過ごしたい。
そういった思いを叶えることができるため、家族葬は増えていると考えられています。

高齢化によって知り合いの関係性が変わってきた

費用や親しい人だけで葬儀ができるため、家族葬は増えてきました。
それ以外にも、年齢構成の変化によって葬式のあり方も変化しています。

日本人の平均寿命は年々上昇しています。
そういったことも、家族葬の増加に影響を与えています。

年を重ねるごとに、故人の交友関係を把握するのはむずかしくなります。
遺族からしてみれば、あいまいな交友関係の人に葬儀のお知らせをするのは避けたいところ。

そういった事情も家族葬が増えている理由として考えられています。

家族葬をするときの注意点とは?

家族葬の注意点
費用負担や遺族の精神的な負担の少ない家族葬ですが、注意点もあります。

  • ・故人と親しかった友人をどうするか
  • ・親族をどの範囲まで含めるか

故人と親しかった友人をどうするか

家族葬は基本的に故人や遺族の意思によって行われるものです。
そのため、故人と親しかった友人や知人は「自分は顔を合わせることができないのか」と無念に感じることも考えられます。

あるいは「あんなに親しかったのに、なぜ連絡をよこさないのか」と憤る人も出てくる可能性があります。

ですから、家族葬を行うときには「故人の意思で親しい人のみで会葬を行う」ということをしっかりと告知しましょう。

故人と遺族の意思を周囲に伝えずに家族葬を行なってしまうと、今後の関係性に悪影響を与えかねません。

親族をどの範囲まで含めるか

親族は3親等以内と言われていますが、すべての親族と交友関係があるわけではありません。
また、遠方に住んでいる親族に葬儀案内をすると負担を与えることにもなるでしょう。

ですから、家族葬とはいえすべての親族に葬儀の案内をする必要はありません。

ただし、故人が亡くなったことはきちんと伝える必要があります。
そうしないと「自分は親族に含まれないのか…」と誤解を与えることになります。

家族葬を行うときには気をつけるべきことは、周囲への連絡と、遺族の気持ちを真摯に伝えることです。

家族葬はどのような内容で行われる?

一般葬と家族葬は、いずれも葬儀の流れは同じです。
ちがうのは参列者の有無となります。

さきほど説明したように、家族葬は一般葬にくらべて葬儀費用の負担が軽くなります。
ただし、その費用は葬儀社によって異なるので注意が必要です。

A社では30万円で満足いく内容なのに、B社では50万円でも葬儀内容が不十分ということが起こるのが葬儀社の実態だからです。

費用負担を軽くして、なおかつ充実した家族葬をあげるには、葬儀社をくらべることが重要。
葬儀の一括見積りを活用すると、全国の葬儀社からピッタリの家族葬を見つけることができます。

無料で活用できるサービスなので、まずは見積もりをとってみることをオススメします。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日相談可のシンプルなお葬式は、日本全国すべての地域に対応しています。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

必要最低限に絞ったプラン内容で、追加費用が一切かからないので安心です。低予算でもシンプルで心のこもったお葬式を提供してくれます。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に資料請求をしてみましょう。