お坊さんにわたすお布施の相場っていくら?

お坊さんのお布施相場

葬儀や法要のときに必要なお坊さんへのお布施。
いざ自分がわたす立場になったとき、相場がいくらなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

お坊さんと葬儀で接する機会も少ないでしょうから、お布施については事前に知っておきたいところです。

お坊さんのお布施ってどんな意味があるの?

お布施というと一般的には葬儀や法要でお坊さんにわたす「気持ち」と考えられています。

しかしお布施には内訳があり、それによって合計額が変わってきます。
漠然と「お布施」という捉え方ではなく、内訳を知ったうえで準備をしたいところですね。

  • ・読経料
  • ・戒名料
  • ・車代
  • ・御膳料

これらの内訳を合計した金額を「お布施」としてお坊さんにわたすことになります。
それぞれの内訳についてくわしい解説は「お布施・戒名料の相場はいくら?」をごらんください。

お坊さんへのお布施相場はいくら?

さて、お布施の内訳を見たところで肝心の相場について確認していきましょう。
お坊さんにわたすお布施には、じつは明確な相場が存在するわけではありません。

なぜなら、お布施は宗派・地域・お寺との関係性によって大きく変わってくるからです。
関東では10〜30万円、関西では20〜25万円と言われることもあります。

また、それぞれの経済状況によっては「お布施にお金をかけられない」という人もいるでしょう。

お坊さんへのお布施で悩んだ場合には、包む金額を決める方法があります。

  • ・お坊さんに直接聞いてみる
  • ・親族に聞いて判断する
  • ・葬儀社に相談してみる

お坊さんに直接聞いてみる

お布施で悩んだら、思い切ってお坊さんに聞いてみるのも1つの方法です。

「お布施の相場を尋ねるなんて失礼では?」と思われるかもしれませんが、決して失礼にはあたりません。

ただし、聞き方にはコツがあります。
「お布施の金額はいくらですか?」と聞いてもお坊さんは答えようがありません。
というより、そこで金額を言うと「お布施の金額を指定する」ことになりかねないからです。

ですから「ほかの方はいくら包まれてますか?」というふうに聞けば、実際のところを教えてもらえるはずです。

とはいえ、ほかの人のが包んでいる金額を教えてもらっても、そのお布施が自分たちの経済状況では厳しい場合もあります。

親族に聞いて判断する

もしお坊さんが菩提寺の人であれば、これまでにもお世話になっている可能性があります。
以前にお葬式や方法を行なったことがあるのであれば、親族が包むべきお布施の金額を知っているかもしれません。

身近に相談できる親族がいるのであれば、相談してみるのも1つの方法です。

葬儀社に相談してみる

葬儀はほとんどの場合、葬儀社に頼むことになります。

葬儀社は葬祭のプロですから、宗旨宗派・地域などでわたすべきお布施を熟知しています。
また、自分たちの経済状況も合わせて相談することで最適なお布施の金額を教えてもらえるはずです。

おそらく、葬儀の打ち合わせのときに時間があるでしょうから、お布施で包む金額を相談してみましょう。

葬儀のやり方でもお布施は変わる

お坊さんへのお布施は相場がありませんので、ここまで説明した方法で包む金額を決める必要があります。

菩提寺がある場合には、やはりお寺との付き合いや宗派によって決まる部分が大きくなります。

菩提寺がない場合には、葬儀社にお寺を紹介してもらうことになります。
その場合には、お布施の金額が比較的安く済むケースも多くなるでしょう。

葬儀社が行なっているお寺紹介サービスは、お布施の金額が一律で決まっていることがほとんどだからです。
5万円・10万円といった定額になっていることが多いので、お布施にお金をかけられない人は検討の価値があります。

まずは葬儀社に見積もりを出してもらい、お布施について相談してみることをオススメします。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日相談可のシンプルなお葬式は、日本全国すべての地域に対応しています。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

必要最低限に絞ったプラン内容で、追加費用が一切かからないので安心です。低予算でもシンプルで心のこもったお葬式を提供してくれます。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に資料請求をしてみましょう。