お布施・戒名料の相場はいくら?分けて渡すべき?

お布施と戒名料の相場

葬式を行うときに気になるのが費用の相場です。
とくにお布施の相場は、あまり知られているものではないので不安もつきまといます。

今回はお布施の相場について紹介し、そのなかの戒名料についても合わせてチェックしていきましょう。

お布施にはどんな費用が含まれるの?

お布施と聞くと「僧侶に気持ちの1つとして支払うもの」というイメージが強いのではないでしょうか。

じつはお布施には内訳があり、その内容によってもお布施の相場というのは変わってきます。
家族葬のお布施の相場はいくら?」で家族葬のお布施相場を紹介していますが、一般葬のお布施も大きなちがいはありません。

お布施は以下のような内訳になっています。

  • ・読経料
  • ・御車代
  • ・御膳料
  • ・戒名料

「小さなお葬式」のサイトによれば、お布施の内訳は以下のようになっています。

お布施の内訳

出典:www.osohshiki.jp

葬儀の内容や、地域によっても異なりますがお布施はこのような内訳になっています。

地域によって違う?葬儀のお布施相場

続いて、実際のお布施の相場について見ていきましょう。
お布施は地域によって相場が異なることに注目です。

地域別のお布施相場

お布施の全国平均は45万円と言われています。
地域によって大きな差があり、もっとも低い北海道の31万円と、もっとも高い中部Bの60万円では2倍近い差が発生しています。

なぜこのようなお布施の差が生まれるのでしょうか?
これはおもに宗教的な慣習のちがいによるものが大きいと言われています。

戒名料の相場はいくら?

お布施の相場は、結局のところ内訳によって決まってきます。

お布施のなかで最も大きな割合を占めるのが「戒名料」です。
戒名料は「戒名位」という、ある意味でのクラス分けによって決まってきます。

わかりやすく言えば、生前にどれくらい活躍したかによって戒名を分けているのです。

とはいえ、どの戒名位にするかは定義があるわけではありません。
僧侶の判断によって決まるところもありますし、故人や遺族の希望を取り入れてくれる場合もあります。

さて、そんな戒名の相場は以下のようになっています。

火葬式の戒名料

これはあくまでも相場で、実際の戒名料は僧侶と故人・遺族の関係性で決まってきます。

菩提寺がない場合には、葬儀社に僧侶を紹介してもらうことになるので、お布施は定額になり大幅に安くなる場合も。

安いと数万円、高いと数百万円というのが戒名料の世界です。

お布施と戒名料は分けて渡すべき?

こまかい話になりますが、お布施と戒名料は分けるべきなのでしょうか?

結論からいうと、基本的には一緒に渡してかまいません。
つまり、お布施と戒名料を分ける必要はないということです。

ただし、場合によってはお布施と戒名料を別に分けることもあります。

たとえば初七日法要を別の日に分けて行う場合、または依頼するお寺によっても別々で渡すケースがあります。

そのため、まずは葬儀社にお布施と戒名料については相談することをオススメします。

お布施の相場も葬儀社に聞けば教えてくれますし、適切な金額がよくわかるはずです。

お布施と戒名料を安くする方法がある?

人の死が関係することについて、お金をケチるは良くないと考える人は少なくありません。

しかし、なかにはお布施や戒名にお金をかけたくない、あるいはお金をかける余裕がない場合もあります。

どうすればお布施や戒名料を安くすることができるのでしょうか?

いま葬儀では「定額のお布施」というのが増えてきています。
葬儀社にお寺を紹介してもらうシステムで、お布施の金額がすでに決まっています。

金額は3万円〜という経済的な料金となっていることがほとんど。
条件に合わせて、さらにお布施の金額を増やす(戒名位を上げる)こともできます。

ですから、お布施の相場を気にすることなく支払うことができるのです。

もしお布施・戒名料を低く抑えたい場合には、まず葬儀社に見積もりを出してもらいましょう。
無料の一括見積りを活用すると、自分に合った葬儀社をカンタンに見つけることができます。

お布施や戒名料のことが心配という人は相談してみてはいかがでしょうか。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日相談可のシンプルなお葬式は、日本全国すべての地域に対応しています。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

必要最低限に絞ったプラン内容で、追加費用が一切かからないので安心です。低予算でもシンプルで心のこもったお葬式を提供してくれます。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に資料請求をしてみましょう。