葬式費用がない!葬儀費を安くする3つの方法とは?

葬式費用がない

葬式をあげるときにはどんな葬儀にするかは重要ですが、葬儀費用にもこだわりたいところです。

前もってお金を貯めることができればいいですが、突然の葬式でお金がなくて困る人も少なくありません。

葬儀費用を安くするにはどんな方法があるのでしょうか?
今回は葬儀で知っておきたい費用についてわかりやすく解説します。

葬儀費用の平均はどれくらい?

葬儀費用の全国平均は200万円前後で推移しています。

年々下がってきているとはいえ、これだけの費用はある程度の余裕がないと負担がむずかしいでしょう。

一般的な葬儀の費用は以下のような項目に分かれています。

  • 葬儀基本費用(祭壇、棺桶)
  • 式場の使用料
  • 参列者の食事
  • 返礼品
  • お布施
  • 火葬、霊柩車の費用

葬儀基本費用の負担が大きい

葬儀の基本費用は、葬儀費用のなかでもっとも大きな割合を占めるものです。

式場の使用料、祭壇、棺桶、骨壷などの費用がとくに大きいので、葬儀費用がない場合にはこの項目を少なくする工夫が必要です。

葬儀で最低限必要なのはなに?

一般的な葬儀をおこなうと、簡単に数百万円を超えてしまいます。
葬儀費用がないのであれば、残念ではありますが最低限の葬式内容で執り行うことを検討しましょう。

葬儀に必要な、棺桶・火葬費用・骨壷は最低限なくてはいけません。
これはしっかりとした葬儀をあげなくても必要になります。

最低限のものを揃えるとしても数万円〜10万円ほどの費用が発生します。

葬儀費用はどうやってまかなえばいい?

葬儀費用がないけど、なんとか大切な人をしっかりと送り出したい。
そんな人はどのようにして葬儀費用をまかなえばいいのでしょうか?

取りうる選択肢としては、以下の方法があります。

火葬式

火葬式とは、お通夜・告別式などは行わないで、限られた親族のみが集まる葬儀です。
火葬場に行って、最低限の火葬のみを行います。

祭壇費用や式場費がかからず、会葬者も限られるので費用を軽減することが可能です。
市町村によって葬儀費用が変わりますが、10万円ほどの費用で葬儀を行えます。

1日葬

1日葬は、わかりやすく言うと「通夜なし」で行う葬式です。
通夜にかかる費用がなくなるので、負担を軽減できます。

ただし、お経は通夜〜告別式の一連の流れを重要視します。
菩提寺がある人や、お寺との付き合いがある人は注意が必要です。

1日葬の費用は20〜30万円ほどが相場となります。

家族葬

家族葬とは、家族や親族などの限られた人のみで行う葬式です。
参列者に対する接待費用がなくなるので、トータルの費用を安くすることができます。

ただし、お香典を受けとることができませんし、通夜から告別式は通常通りの葬式です。
そのため火葬式や一日葬にくらべると費用は高くなるので注意が必要です。

目安は50万円〜になります。

葬儀費用がない場合は、安い葬儀社を比較しましょう

葬儀費用がなくても、できるだけ充実した葬儀を行いたいと考えるのは誰しも同じです。

ですから、できるだけ安い費用で故人が喜ぶ葬儀をあげるのが理想ですよね。
葬儀費用がなくても良い葬儀をあげるにはどうすればいいのでしょうか?

そのためには複数の葬儀社を比較することをオススメします。
葬儀費用や内容をくらべながら、自分にあった葬儀会社をかんたんに見つけることが可能です。

無料で365日24時間いつでも利用できるので、お急ぎの方にもオススメできます。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日相談可のシンプルなお葬式は、日本全国すべての地域に対応しています。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

必要最低限に絞ったプラン内容で、追加費用が一切かからないので安心です。低予算でもシンプルで心のこもったお葬式を提供してくれます。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に資料請求をしてみましょう。