お金をかけないで葬儀を行う!3つの方法とは?

お金をかけない葬儀

お金をかけないで葬儀を行うにはどのような方法をとればいいのでしょうか?

葬儀にはお金がかかるというイメージがありますが、実際にかかる費用は全国平均で約200万円とも言われます。

自分や家族の葬儀を安く済ませるために知っておきたい3つの方法について解説します。

葬儀を安くするた3つの方法とは?

さきほど説明したように、葬儀はふつうに行うと数百万円の費用がかかります。

これは一般葬という、多くの人が思い浮かべるお葬式の料金です。

お通夜・告別式をきちんと行うとそれぐらいかかるのが一般的と考えられています。

しかし、葬儀はお金をかけないで行う方法があります。
そのためには以下の3つの方法をチェックしてきましょう。

  • 1. 直葬をする
  • 2. 一日葬をする
  • 3. 家族葬をする

1. 直葬をする

お金をかけないで葬儀をしたい人に選ばれているのが「直葬」です。

直葬をわかりやすくいうと「お通夜・告別式をおこなわない」という方法。

亡くなってからすぐに火葬を行うので、葬儀に必要なお金をゴッソリ節約することができます。

ただし、遺体は亡くなってから24時間経過しないと火葬ができないので注意が必要です。

直葬のメリットとは?

直葬のメリットはなんといっても「お金がかからない」ということです。

お通夜・告別式を行う一般葬では、葬儀場を借りて参列者を招くので費用が高くなります。

また、直葬は誰かを招くことを基本的にしません。
ですから、葬儀にかかる遺族の負担を軽くすることできます。

葬儀場やお寺の都合、親族や参列者のスケジュールを考慮する必要がないので火葬までがスムーズなのも特徴の1つ。
なるべく早く故人を火葬してあげたいという遺族にとってはメリットが大きいでしょう。

それ以外にも

直葬のデメリットとは?

宗教的な儀式を一切省くのが直葬です。

そのため菩提寺などのお寺によってはお墓への納骨を拒否されることも少なくありません。
ですから、事前に直葬でも納骨が可能か問い合わせしておきましょう。
場合によっては直葬でも火葬場で読経をすれば納骨OKというお寺もあるので相談が必要です。

日本ではお通夜・告別式を行う流れが一般的です。
そのため直葬に関して抵抗感を抱く人も少なくありません。
故人・遺族の遺志を、親族など周囲の人にきちんと伝えることを忘れないようにしましょう。

葬儀社のなかには「儲からない直葬」ということでやる気を出さない、あるいは追加費用を取ろうとすることがあります。
事前に複数の葬儀社から見積もりをとり、最終的に支払う金額をしっかり確認しておきましょう。
そうしないと「こんな高額になるなんて聞いてない」という事態になりかねません。

2. 一日葬をする

お金をかけない葬儀、2つ目は「一日葬」という方法です。

名前のとおり、葬儀から火葬までを1日で終わらせます。
通夜・告別式をセットにして、参列者を呼ぶスタイルです。

直葬は通夜・告別式なしなので、儀式的なちがいはここにあります。
直葬にくらべるとお金はかかりますが、安いながらも宗教的な儀式を行えるのが特徴です。

一日葬のメリットとは?

葬儀場を1日借りるだけでいいので、葬儀場使用料や人件費などの費用を安くすることができます。
参列者は招きますが、お香典をいただくことになるので費用に充当できるのもメリットです。

「直葬だけではちょっと物足りない…」という人に選ばれているのが一日葬です。

一日葬のデメリットとは?

直葬とも共通しますが、よく知られた葬儀であるお通夜・告別式とはちがう形式で行われます。

そのため、親族やまわりの人が納得しないことも多いので注意が必要です。
とくに年配の方は宗教的な儀式やお寺とのつながりを大切にしますので、一日葬を行うのであれば事前の確認をしっかりと。

3. 家族葬をする

家族葬は、通常の葬儀を参列者を呼ばないで行うスタイルです。

通夜・告別式を行う葬儀でありながら、参列者がないのが特徴です。

家族葬のメリットとは?

参列者を呼ばないので、遺族の負担が軽くなります。
葬儀場の手配は必要ですが、弔問客の対応をする必要がないので家族だけでゆっくりと故人を送り出せます。

また、参列者を呼ばないので葬儀場がコンパクトになり、式場にかかるお金を安くできるメリットも。

家族葬のデメリットとは?

ごく限られた人だけで行う葬儀なので、本当は参列したかった人から不満の声が上がる可能性があります。

また、参列者がいないので香典を受け取れません。
家族葬の規模や葬儀社にもよりますが、香典がないことによって一般葬よりも費用が高くつく可能性があります。

お金をかけない葬儀【まとめ】

以前にくらべると、葬儀社の葬儀プランもさまざまなタイプが展開されています。
さらに、全国的に見てもお金をかけない葬儀が広がっていることもあり、葬儀費用が安くなってきているのです。

ですから、適切な葬儀形式やプランを選べば、お金をかけないで葬儀を行うことは十分に可能です。

まずは故人・遺族がどんな葬儀を希望しているかをハッキリさせましょう。
そして、複数の葬儀社に見積もりをとってもらうことは欠かせません。

さきほど説明したように、葬儀社によって費用も異なるからです。
追加費用をかけないで満足の行く葬儀を行うためにも、葬儀社をくらべることが大切。

インターネットから相談することもできるので、活用することをオススメします。

葬儀費用がグッと安くなる!葬儀社は比較して決めよう

24時間365日相談可のシンプルなお葬式は、日本全国すべての地域に対応しています。

はじめての葬儀だと、わからないことが多くて不安ですよね。

必要最低限に絞ったプラン内容で、追加費用が一切かからないので安心です。低予算でもシンプルで心のこもったお葬式を提供してくれます。

費用の見積もりは無料ですので、まずは気軽に資料請求をしてみましょう。